ウイルスから大切なPCを守る!目からうろこの対策方法を伝授

金銭までも奪う?本当に怖いスケアウェア

ソフトウェアの中には、金銭を支払って利用するものもいくつかありますが、それを利用して本当に大丈夫かどうか、疑問に感じたことはないでしょうか。
あなたが利用しようと考えているソフトウェアは、実はスケアウェアと呼ばれるものである可能性があり、個人情報を奪うために公開されているもので、場合によっては金銭を奪うこともあり、特にセキュリティソフトとうたっているものに関しては、注意しなければなりません。
スケアウェアという言葉は、「怖がらせる」という意味の英単語「scare」と、ソフトウェアを掛け合わせて作られ、その中でもセキュリティソフトと偽っているものは、ローグウェアもしくは偽装セキュリティソフトと呼ばれています。
セキュリティソフトなどと称し、サイバー犯罪者が公開し、そこから収入を得るために利用され、インターネットの利用中に、セキュリティソフトの広告が表示されたら、軽い気持ちでクリックしないようにしましょう。

スケアウェアはセキュリティソフトのふりをして、ユーザーをだますようになっていて、今見ているサイトがウイルスに感染したと言って、そのことを煽るポップアップを表示します。
そこから、偽装セキュリティソフトをインストールさせようとしますが、インストールしても対策にはならず、情報が盗まれることが多く、「エラーが見つかりました」などのメッセージを見つけたら、クリックしないことをおすすめします。
スケアウェアを見つける方法は、スケアウェアのWebサイトでは技術系のサイトへのリンク先に行かないようにするように設計されています。
その理由としては、本物の技術系サイトや評価サイトにつながると偽物だとバレてしまい、最近では偽の評価をサイトに掲載して優良ソフトだとうたうものもあります。
偽装セキュリティソフトの中には、リアルタイムでウイルスのスキャンチェックをしているかのようにふるまい、感染しているとだますものもあります。
場合によっては正規版の購入が必要だと言って、金銭を要求するという事例もあり、偽装セキュリティソフトの広告は動画サイトなどの有名なところでも表示されることがあり、広告会社が攻撃を受けて拡散させてしまうこともあります。
偽の情報を与えてユーザーに不安をあおり、商品を購入させる行為から、まさにスケアウェアということになり、だまされないことがユーザーにとって重要です。

スケアウェアを防ぐ方法としては、偽装セキュリティソフトの広告が出てもクリックしないことで、変にリスクを煽る内容のものには手を出さず、中には日本語の表示が不自然なことで見破れるものもあります。
表示されたセキュリティソフトが、実際に存在しているものかどうか検索してみるのも、有効な対策になり、こうした対策をしても、スケアウェアの技術は進化しているので、最新のスケアウェアについて情報を把握することも大事です。
やっぱりセキュリティソフトは正式なメーカーが作成したものを使い、それを使って偽装セキュリティソフト対策を行うほうがいいでしょう。