ウイルスから大切なPCを守る!目からうろこの対策方法を伝授

どこに注目すべき?セキュリティソフトの選び方

コンピューターウイルスの感染を防ぐためには、セキュリティソフトの導入が有効的ですが、その種類の多さからどれが自分にふさわしいものか、わからない人もいるのではないでしょうか。
セキュリティソフトの選び方を知っておけば、今自分がどのソフトがいいのかがわかり、導入するパソコンの特長に合うものを導入できます。
まず自分が求めているのはどんなものか、いくらで導入すればいいのかを、あらかじめ決めておきますが、ここで知っておくべきセキュリティソフトを選ぶ基準は、機能・動作・価格の3つです。

機能に注目して選ぶには、ソフトの重要な機能であるウイルスやスパイウェアなどの検出率が高いものがいいでしょう。
インターネットを多く利用する人にとっては、こうした検出機能の性能が良いほうが、安心してインターネットが利用できると思います。
ウイルスの検出機能もそうですが、ウイルスの検出のみならず、そのほかの機能も充実している方がいいのではないでしょうか。
初心者でセキュリティソフトのことがわからない人にとっては、機能が豊富にあるものを導入すればいいでしょう。
メールをよくする人なら、迷惑メール対策機能があるものがおすすめで、メールの添付ファイルからのウイルスの感染が防げるでしょう。
子供にもパソコンを使わせているのなら、有害なサイトが見られないようにするための機能があれば、安全にパソコンが利用できます。

ウイルスの検出性能が良くても、動作が重たいと使い勝手が悪く、いざというときに対応ができなくなることもあります。
セキュリティソフトを選ぶときは、動作が軽いものの方が使いやすく、パソコンによって動作の軽さを確かめることも重要です。
古いパソコンにセキュリティソフトを導入するときは、ウイルス対策機能しかなく動作が軽いものを導入するといいでしょう。
動作が軽いものを選ぶと、ウイルス対策以外のフィッシング詐欺や個人情報などの対策ができなくなり、そうなったら自分でしっかりと管理していくことになるので、これらは別に対策をとるようにしましょう。

セキュリティソフトを選ぶときに、機能や動作もそうですが、その中でも特に基準になるのが価格ではないでしょうか。
セキュリティソフトを大きく分類すると、1つのソフトで1台に入れられるもの、1つのソフトで複数台に入れられるものに分けられます。
会社や家庭などで複数のパソコンを使用しているのなら、1つのソフトから複数台にインストールできるものがいいでしょう。
長期的に見て、どちらがお得になるのかもよく考えなければならず、価格は最初に購入するときの価格だけでなく、年度更新価格についてもしっかり見ておく必要があります。
長期的に見てお得なのは、初期購入価格が高くても年度更新価格が安いものが利用でき、セキュリティソフトによっては、年度更新価格が0円というものもあります。
性能がいいセキュリティソフトには高価なものが多いため、自分が必要な機能を十分検討したうえで選ぶのがいいでしょう。
初心者なら性能がいい高価なものがおすすめで、インターネットをほとんどしないのなら安価なものがおすすめです。